保険代理店・FP事務所の未来を創る 保険・FP経営者.com

お電話でのお問い合わせはこちらから

電話受付時間 9:45~17:30/土日除く

レポート・コラム

vol.19 組織化は専門化から

vol.19 組織化は専門化から

保険FPコンサルティングレポート vol.19

『業界の現状分析から業界の未来を生き抜く正しい戦略を描く』

~保険代理店・FP事務所 実践経営レポート~

 

船井総研 保険チーム 植田英嗣

組織化は専門化から

本日は、M代理店様にご訪問。

 

10名~20名規模の代理店が30名規模以上のステージにいくためには、

「組織化」が必要である。

 

生損保、法人個人の違いや営業形態の違いにより分解する要素は違うが、

組織化の一つのテーマが専門化である。

 

「チーム制」というと耳馴染みがあると思うが、

なんちゃってチームではなく、専門チームである。

 

自社の業務内容を洗い出し、チームをいくつかに分ける。

 

チームに分けたあと最初にすることは、業務を「捨てる」こと。

捨てて他チームに移譲すること。

 

これがなかなか難しい。

ときには自分のお客様を手放すことにもなる。

 

例えば、M代理店様は損保中心の代理店さんだが、

オフィスチーム、事故対応&スケジューラーチーム、更改チーム、新規チーム

の4つに分けている。

 

更改は更改に、新規は新規に。

 

従業員さんと一丸となってこの仕組みが整いだすのには、

ちょうど10カ月ぐらいかかった。

 

やはり従業員さん一人一人に固有の思いがあるし、

組織はそれぞれ違うので、

最適な方法論は話し合いと動きの中で整えていくしかない。

 

だが少し時間をかけてこの仕組みをつくってしまえば、

その後の拡大は目に見えるだろう。

 

チームごとに評価の設定もおこない、その後の活性化も助長させる。

 

生産性の向上は、「業務の洗い出し」から。

捨てられるものは捨てて、まとめられるものはまとめて、

外注できるものは外注する。

 

そして専門化されたチームを構築し、

新しく採用する人材は各チームに配分する。

 

入社時から整ったチームのなかで働くことができ、

戦力化までの時間は圧倒的に早い。

 

入職者もストレスが少ない。

 

ここから「1年」という月日をかけてでも、

しぶとく、

2020年までに「組織化」を進めていくことが、

永続性を求める中小代理店の経営者にとっては必須と言っても過言ではない。

以上

【『組織化』に関するおすすめコラムはこちら!】

vol.4 2020年までに仕組みを整えるという覚悟

船井総合研究所では、保険・FP経営者のための経営に
役立つ最新情報を発信しています。

最新コラムが毎週届く 無料メルマガ登録
Facebookでも更新情報が受け取れます!

受け取りにはページに「いいね!」が必要です。

Supportサポート

  • コンサルティング

    コンサルティング

    コンサルタントと二人三脚で
    ビジョンの実現を目指します。

  • 研究会

    研究会

    保険代理店・FP事務所の
    経営者のための勉強会です。

  • セミナー

    セミナー

    全国の成功事例、最新ビジネス
    モデルを一日で学べます。

  • 無料WEB診断

    無料WEB診断

    自社のWEBサイトを弊社
    コンサルタントが分析・診断します。

  • 商材・教材

    商材・教材

    過去に開催したセミナーDVDや
    書籍を見ることができます。

  • レポート・コラム

    レポート・コラム

    日々のコンサルティングで
    培ったノウハウをレポートします。

  • メールマガジン

    メールマガジン

    保険コンサルティングチームからの
    お得な情報提供です。

  • 無料経営相談

    無料経営相談

    自社の経営戦略・中長期ビジョンに
    ついて相談できます。

まずはお気軽にお問い合わせください

MENU